アウトドア用品のモンベル社(mont-bell)のフレンドタウンにもなってた鳥取県若桜町の地域活性化


7カンボジアでも建築デザインを行うデザイナーによる鳥取県若桜町の地域活性化

若桜町の地域コーディネーターに任命されて3年目になります。

6カンボジアでも建築デザインを行うデザイナーによる鳥取県若桜町の地域活性化

大阪・船場の地域活性化で阪南大学とコラボレーションしたことから、鳥取県若桜町の地域活性化のお手伝いをすることに。

鳥取とはご縁があって、私の両親の出身が鳥取市内で、若桜町は偶然にも叔母さんの出身地。大山のある伯耆(ほうき)町とも関わりがあります。

5カンボジアでも建築デザインを行うデザイナーによる鳥取県若桜町の地域活性化

最近は、アウトドア用品のモンベル社のフレンドタウンにもなって、氷ノ山などにアウトドアファンが訪れるようになったり、わかさ繋がりで福井の若狭と「海の若狭、山の若桜」でコラボレーションしたり、ピンクのSLを走らせたり、鹿革のアクセサリーが商品化されたり、いろいろ元気になってきています。

地域活性化の方法はいろいろあり、ピンクSLには賛否両論あったようですが、何より地域の人たちが自主的に動き出すようになったことが喜ばしいです。

ところで、日本で最初に都市計画された鳥取県若桜(わかさ)町の若桜宿。

現在残されている若桜宿の街並みは、明治18年の大火災後、若桜宿会が「八東郡若桜宿 宿内議決書」を議決して整備したものです。

「カリヤ」と呼ばれる、雪の日でも人が行き来できる軒先や「水路」などが特徴的です。
宿内に張りめぐらされた水路の清流は、家屋によっては床下にまで導かれ、そこには鯉も泳いでいます。

「カリヤ」や「水路」は、宿内で暮らす人たちの生活と密接に関係していおり、宿内を行き来する人たちに対して風情ももたらしているのは言うまでもありません。

若桜鉄道の若桜駅を下りると直ぐに若桜宿へ行けるので、ふらっと宿内を散策してみてはいかがでしょうか?

一足伸ばして、自然散策するのも気持ちが良いですよ。

カンボジアでも建築デザインを行うデザイナーによる鳥取県若桜町の地域活性化 3カンボジアでも建築デザインを行うデザイナーによる鳥取県若桜町の地域活性化 4カンボジアでも建築デザインを行うデザイナーによる鳥取県若桜町の地域活性化 2カンボジアでも建築デザインを行うデザイナーによる鳥取県若桜町の地域活性化

コメントを残す

CAPTCHA