南林尼僧苑のランドスケープデザイナーとの打ち合わせ@台湾建築デザイン


台湾ランドスケープデザイン界の第一人者、鄒さん

台湾のランドスケープデザイン界の第一人者、鄒さんとの久しぶりの再会(この写真でめっちゃお酒のイメージが付きましたね笑)。

彼は日本で日本語、ランドスケープデザインを学び、私が所属していた大阪の設計事務所で共に働いていました。

かれこれ20年ほどのお付き合いになります。

台湾帰国後に起業して、いまでは素晴らしいランドスケープデザインを数多く手がけています。

今回は南林尼僧苑など、彼がデザインを手がけた場所をいくつか案内してくれました。

南林尼僧苑は、背景の阿里山(中央山脈)を借景にした素晴らしいランドスケープデザインで、清らかな気持ちにさせてくれます。

日本のシンプルなデザイン哲学を台湾風にアレンジした素晴らしいデザインです。

彼は台湾でランドスケープデザイナーとして実績を積み、私はASEANを中心に活動していて、お互いの考え方や建築とランドスケープという切っても切り離せない関係から、今後は台湾でもコラボレーションすることになりました。

台湾ランドスケープデザイン界の第一人者、鄒さんとの再会

いくつか台湾でのプロジェクトが進みはじめたので、新しい台湾スタイルを二人でつくっていきたいと思います。

若い時の二人ではなく、お互い良い味が出てきた今だからできるデザインになるでしょう。

台湾での建築デザインと有限会社空間創造事務所ココチの未来を祝して!

また台湾でのプロジェクトの進捗状況を報告します。

<台湾プロジェクトの進捗>
台湾での建築デザインプロジェクトが始まり、その調査を兼ねて京都で古書とお抹茶

< そのほか海外での建築デザイン活動 >
カンボジアにある楽園コーロン島は地元の人も来ない波の音とエメラルドグリーンの癒しスポット
日本人には穴場のカンボジアリゾート。シアヌークビルで絶景の夕日を見ながら仕事の振り返り
ウガンダ・カンパラでの建築・インテリア・都市計画プランニング事業
シンガポールのWATANABE COFFEEのインテリアデザイン等をしました

 

コメントを残す

CAPTCHA