台湾ランドスケープデザイナー鄒裕隆さんとのプロジェクト@台湾・埔里(Puli)


 先日から建築のデザインを取り組んでいる台湾・埔里(Puli)でのお寺デザインの作業も佳境に入り、今回はインテリアデザインの内容を含めてかなり突っ込んだミーティングになりました。

<前回までの台湾での建築デザインに関する記事はこちら>
台湾に来たなら観光地から離れて本当の台湾を。桃園と中壢の日式食文化
台湾・埔里(Puri)でE難度のお寺プロジェクトプレゼンテーションに挑戦
台湾のお寺設計プロジェクトの建築デザインソースを探すため、奈良唐の文化を巡る
台湾での建築デザインプロジェクトが始まり、その調査を兼ねて京都で古書とお抹茶。
南林尼僧苑のランドスケープデザイナーとの打ち合わせ@台湾建築デザイン
進化し続ける台北の渋谷、東区の建築デザイントレンドを掴む

この台湾での建築のデザインに関するミーティング前日、夕方に大阪・関西空港第二ターミナルからピーチ航空で台北の桃園空港へ。

カンボジア・プノンペンの工場デザインプロジェクトのクライアントがいる仙台へ行く際に、関西空港からピーチ航空で移動することは何度かありましたが、国際線でピーチ航空を利用するのははじめて。

台北まで2時間強で行けてしまうので、全くストレスなく、安くて気軽に行くことができるのでとても便利です。

台湾プリでの建築2

到着後、雨模様の桃園空港で、台湾ランドスケープ界第一人者のランドスケープデザイナーの鄒裕隆さんと合流し、市内のシーフードレストランでディナー。

台湾プリでの建築3 台湾プリでの建築1

明日の埔里でのミーティングに向けて、美味しい台湾料理に舌鼓をうちながら、お寺デザインのランドスケープデザインや建築デザインについて、真面目に今回の建築の飲ミーティングしました
台湾ビールガールと飲み続けた訳ではありません…笑

桃園から車で2.5時間。雨模様でいつものホットドッグのような「大腸包小腸」のお店は残念ながらお休みでしたが、お寺の近くのファミリーマートで日式関東煮(おでん)で軽く腹ごしらえをしてお寺へ移動しました。

台湾プリでの建築4

今回は前回よりも和やかな雰囲気でミーティングが進み、建築のデザインの骨格もほぼ固まり、とても充実した時間を過ごしました

深夜便でカンボジア・プノンペンへ移動する必要があったため、ミーティング終了後に埔里から桃園空港へ直行し、Air Asiaのクアラルンプール経由便で翌朝にはプノンペンに到着しました。

次回は埔里の隣の台中市で建築材料や彫刻などの選定、ミーティングなどを行う予定です。

台湾・埔里での建築・お寺デザインプロジェクトの進捗状況は引き続き報告したいと思います。

ceoこの記事を書いた人
COCOCHI DESIGNS GROUP
CEO 河内利成 プロデューサー・一級建築士

所属団体:特定非営利活動法人南山城村茶ECO(ちゃえこ)プロジェクト 理事

banner

コメントを残す

CAPTCHA