カンボジア日系広告代理店リプリネットにカンボジア人社長が就任、おめでとうございます!


リプリネット新社長は日本語も中国語も話せるカンボジア人2

プノンペンタワー内にあるリプリネットさんという広告代理店に、友人のカンボジア人男性ティーティーくんが、このたび社長に就任されるとのことで、招待状をいただき、グリーンパレスホテルでおこなわれた社長就任パーティーに行ってきました。

彼は日本語ペラペラで、中国語もオッケー、歌やダンスなどのカルチャーが好きな、今風でスマートな男の子です。丁寧な物腰で気がきく性格なので、人望があるようで、パーティーにも日本人とカンボジア人が半々くらいで、多くのひとがお祝いにやってきていました。

リプリネット新社長は日本語も中国語も話せるカンボジア人1 リプリネット新社長は日本語も中国語も話せるカンボジア人4 リプリネット新社長は日本語も中国語も話せるカンボジア人3

子供達のダンスや日本舞踊などの出し物があり、お客さんを楽しませたいという新社長のやさしい思いがとても伝わるものでした。

ここはカンボジア。多くの外国人が暮らしてビジネスをしていますが、やはりカンボジアなのだから、カンボジア人に一番輝いていてほしい。ビジネスでも文化でも、カンボジア人がリーダーとなって、新しいものを築いていってほしい。貧困層に手を差し伸べるのが、他国の融資ではなく、国内の優秀な若者たちであってほしい。本当にそう思います。

ティーティーくんのようなバイタリティ溢れる若者が、どんどん増えていきますように。

リプリネットさんは、ラジオのパーソナリティーやイオンモールでのイベントなどいろいろと経験されているので、今後の彼に期待したいですね!

<ココチの最近のオススメ記事>
進化し続ける台北の渋谷、東区の建築デザイントレンドを掴む
プノンペンで風を感じながら格安で贅沢朝ごはん。Bophaレストランがおすすめ!
カンボジア建築デザイナーが小学1年生の建築家に教わる東京観光と建築巡り
ココチが世界へ発信するショールーム兼オフィス in 大阪・心斎橋
世界に挑み続けるための”秘訣””突き抜ける経営””デザイン発想”を東京広尾で聞く

コメントを残す

CAPTCHA