カンボジア・プノンペンの健康診療センター建設プロジェクトのミーティング


カンボジア・プノンペンの健康診療センター建設プロジェクトのミーティング2

カンボジア・プノンペンの健康診療センター建設プロジェクトのミーティング3

日本品質の医療・診療環境を、カンボジアで身近に提供する。

海外の途上国に必要なもののひとつに医療環境の充実が挙げられますね。

カンボジアにおいて、富裕層は国外で診療・治療を受けているのが現状で、国内にしっかりした医療機関がほとんどなく、普通の人たちは野戦病院のようなところでしか診療・治療を受けられません。

当然ながら貧困層はお金がないので病院に行くことすらできません

日本の医療環境やノウハウを海外へ輸出するため、近年、日本の資本による途上国での病院建設推進事例が増えています

カンボジアでも先日、日本の資金が投入されたプノンペンのSunrise Japan Hospitalという救急病院がオープンし、さらにカンボジア国内で日本のODAによるいくつかの病院が建設中です。

弊社が現在手がけているのが、公益財団法人結核予防会様とプノンペンの健康科学大学のジョイントによる健康診断センター建設プロジェクトです。

この施設が整備されれば、日本品質のきめ細やかな診療、健康診断、検体検査等が行えるので、わざわざ国外に検査に行く必要はなくなるので、カンボジアの医療環境が抜群によくなります。

施設だけでなく、移動検診車もカンボジア中を駆け回るので、これからは安心してカンボジアに暮らせるようになります。

検体検査のラボ施設はまもなく、健康診断センターは来年春頃のオープン予定で、センターにはカフェが併設される予定です。

カンボジア・プノンペンの健康診療センター建設プロジェクトのミーティング4

カンボジア・プノンペンの健康診療センター建設プロジェクトのミーティング1

カンボジア・プノンペンの健康診療センター建設プロジェクトのミーティング5

ちなみにミーティングは東京とカンボジアの両方で行っていますが、東京ではミーティング後の飲ミーティングが定番になっていて、先日は水道橋の馬肉屋さんに行きました。

馬肉と吉田うどんがオススメの美味しいお店です。

また随時、健康診断センター建設プロジェクトの報告をしていきます。 

ceoこの記事を書いた人
COCOCHI DESIGNS GROUP
CEO 河内利成 プロデューサー・一級建築士

所属団体:鳥取県若桜町地域コーディネーター / 特定非営利活動法人南山城村茶ECO(ちゃえこ)プロジェクト 理事

banner

コメントを残す

CAPTCHA