プノンペンまで来たなら週末トリップツアーはかつて王室御用達でもあったケップでグルメがオススメです


現地日本人建築デザイナーがオススメ。カンボジアケップでグルメ2

プノンペンで暮らしていると恋しくなる、静けさとリラックス感。小都市とはいえまだまだ続くアジアの活気ある建築ラッシュで騒音が鳴り続け自然とたわむれる公園もないプノンペンでは、時々田舎へ出るときのリフレッシュ感がすごいです!

シェムリアップやシハヌークビルは週末トリップの定番ですが、どちらも飽きた!という方におすすめなのがグルメの多いケップです。

バスで5ドル程度、運がよければ3時間以内で到着する気軽さがよく、とても小さな街ですが、グルメを堪能しつつ、まったりしに行くには最適の場所です。

かつてはフランス人や現地富裕層の保養地として別荘や王室御用邸が並び、現在も静けさを求める人々、特に欧米人を中心に人気のスポットとなっています。

海水浴の海は透き通るブルーというよりは緑っぽく、水遊びにくる現地のカンボジア人ファミリーがほとんどでアットホーム感満載ですが、宿泊施設は充実しており、熱帯樹の茂る隠れ家ロッジからデザイナーズホテルまで好みと値段に合わせて宿泊とグルメを選べます。

現地日本人建築デザイナーがオススメ。カンボジアケップでグルメ1 現地日本人建築デザイナーがオススメ。カンボジアケップでグルメ5 現地日本人建築デザイナーがオススメ。カンボジアケップでグルメ4

また、なんといっても海鮮が美味しく、ローカルですが味にこだわった海鮮レストランで、カニやエビなど海鮮グルメがたらふく食べられます。

現地日本人建築デザイナーがオススメ。カンボジアケップでグルメ3

もう海鮮グルメの中でも外せないカニはだいたい1kg10ドル程度で、そのまま茹でてもらってもおいしいですがカニチャーハンやカニ雑炊なども1皿6ドル程度で食べられます!

クラブマーケットではどのお店も海に面しているので、潮風を感じながら格安で新鮮な海鮮グルメをまったり楽しむことができます。

風の強い日はかなりの荒波ですが、それでも今日も果敢に海鮮グルメを取りに海へカニをとりにいく、おばちゃんたちの姿もみられます。

プノンペンとは一味違う魅力です。

CocochiCam Designs (Cambodia) Co.,Ltd. 米田なつこ

コメントを残す

CAPTCHA