絶景!オートレスビーチからの夕日。ご飯もおいしいホテルはペンギン・パブロ・バンガロー。


 ほぼ毎月仕事で通っているカンボジアの海のリゾート・シハヌークビルですが、いつも仕事のため、ビーチでゆっくり過ごしたことがありません。

オートレスビーチ2

今回はオーナーさんとのご縁で、オートレスビーチのペンギン・パブロ・バンガローに宿泊しました。

オートレスビーチは1と2のエリアがあり、1エリアはカンボジアやアジア人が比較的多く、2エリアには欧米人が多く滞在しています。

今回滞在したペンギン・パブロ・バンガローは、オートレスビーチの1と2の中間にあり、いろんな人種の人が海を楽しむエリアです。

オートレスビーチ1

昼間はいつも通り仕事のため、ゆっくり過ごすことができませんでしたが、朝夕は美しいビーチに出て海風を感じ、清々しい気持ちになりました。

このビーチから眺める夕日は特に美しく、陽が暮れる18時前には、一目夕日を見ようと多くの人が集まります。

ペンギン・パブロ・バンガローのオーナーさんは海外で活躍するクリエイターさんでもあり、特に食に対するこだわりは相当のものがあります。

オートレスビーチ3

オートレスビーチ4

今回滞在中には、スープヌードルや日式カレーライス、トーストセットなどをいただきましたが、全てがお世辞抜きで美味しく、宿泊しなくても、食事だけでも楽しみに訪れる価値があります。

最近はシハヌークビルを訪れる日本人が増えつつあるようですが、現地で美味しいものが食べたくなったら、ペンギン・パブロ・バンガローを訪れてみてはいかがでしょうか?

ちなみにロゴマークはオーナーさんのデザインによるもので、カッコよくて愛らしい、センスが溢れています。

ちなみにシハヌークビルには、シェムリアップやホーチミンからは飛行機で入ることができ、プノンペンからはバスやタクシーの利用が一般的です。

<まだまだあるカンボジアの魅力>
コンテナハウスを侮ってはいけない。カンボジアのお洒落カフェ実例。
プノンペンで風を感じながら格安で贅沢朝ごはん。Bophaレストランがおすすめ!
カンボジアの東屋ホテルに泊まってみた話

ceoこの記事を書いた人
COCOCHI DESIGNS GROUP
CEO 河内利成 プロデューサー・一級建築士

所属団体:鳥取県若桜町地域コーディネーター / 特定非営利活動法人南山城村茶ECO(ちゃえこ)プロジェクト 理事

banner

コメントを残す

CAPTCHA