日本人に馴染みがないので、一度はぜひ!カンボジア・プノンペンにある北朝鮮レストラン。


プノンペンにある北朝鮮レストラン3

皆さんは北朝鮮に対してどのようなイメージをお持ちですか?

日本にいると、国交の閉ざされた北朝鮮のことってよくわかりませんよね。

プノンペンには北朝鮮国営レストランが数軒あり、日本からのお客様をアテンドする際の定番コースのひとつになっています。

もちろん政治的なこと、過去の事件などを考えると複雑な心境になるのですが、実際にレストランで北朝鮮の女性たちと会話してみると、案外普通の人たちなんだなあと思います。

外貨獲得のために運営されているので、まあ、実際は後ろ髪を引かれる微妙な心境もあるわけですが…。

カンボジアに来られたお客様をお店へお連れする前には「日本人が北朝鮮レストランに?」とよく言われるのですが、レストランで毎晩行われている北朝鮮の美女たちのショーを見たり、接することで、ほぼ100%最初の印象から変わってしまいます。

プノンペンにある北朝鮮レストラン1 プノンペンにある北朝鮮レストラン2

「彼女たちはタカラヅカだね!」

北朝鮮レストランは、プノンペンに数軒(平壌冷麺、アリランなど)、アンコールワットのシェムリアップ、ミャンマー・ヤンゴンなど、東南アジアにはたくさんあり、それぞれショーの内容や雰囲気が違っているので、北朝鮮レストラン巡りをするのも悪くありません。

料理は当然ながら韓国料理とほぼ同じ、少し中華料理もあり、味はそこそこですが、テーブルで食事をしながら彼女たちと雑談をすることができるので、民間交流という感じですが、政治的な質問は当然NGになっています。

ショーの写真撮影もNGですが、常連ということで許してもらって掲載しておきます…(笑)
ディナータイムは華やかで、ランチタイムはショーがないので、リラックスした素の彼女たちと接することができるので、ランチタイムもオススメです。

料金も良心的(ヤンゴンは少しボッタクリ気味)なので、ご興味があればカンボジアでご一緒しましょう!

日本人にとっては若干不謹慎なブログ記事かも知れませんが、海外の実情をお伝えしておく方が良いと思いますので、あえて掲載させていただいておりますm(_ _)m

<ココチの最近のオススメ記事>
進化し続ける台北の渋谷、東区の建築デザイントレンドを掴む
プノンペンで風を感じながら格安で贅沢朝ごはん。Bophaレストランがおすすめ!
カンボジア建築デザイナーが小学1年生の建築家に教わる東京観光と建築巡り
ココチが世界へ発信するショールーム兼オフィス in 大阪・心斎橋
世界に挑み続けるための”秘訣””突き抜ける経営””デザイン発想”を東京広尾で聞く

コメントを残す

CAPTCHA