第2回 フランス第二の都市リヨンの魅力を紹介します


こんにちは!今日は、フランス第二の都市リヨンの美味しいものを紹介したいと思います。

リヨンの伝統料理は豚肉や豚の内臓を使用したものが多く、日本人はなじみの無いものがあります。また、そのような料理(リヨンの伝統的な家庭料理)を提供するビストロをブション(Bouchon)と言います。ブションのお店にはドア付近にこのようなマークが付いているので、旅行の際は探してみてください。

フランスリヨンの魅力1

最初に、美味しいかどうかは食べてみてください、という感じのリヨン伝統料理(Lyonnaise cuisine)を紹介します。それは、豚の腸の腸詰と豚の血液の腸詰です!すごい名前ですが見た目は普通のソーセージです。食べた瞬間おおーーー内臓系食べているな、と言う味がします。

フランスリヨンの魅力4

もう1つソーセージで有名なのがリヨン風ソーセージ(Saucisson lyonnais)これはサラミみたいな味なので日本人向けのような気がします。ソーゼージ回りの白いカビは気にせずかぶりついてください。バーに行ってビールと一緒にこのソーセージをつまむとリヨンの住人になった感じを味わえると思います。

フランスリヨンの魅力2

フランスと言えばフランスパンですが、フランスのパン屋さんはハズレが無いと言っていいほど美味しいです。特に、パン・オ・ショコラ(pain au chocolat)はサクサクのパン生地にチョコレートが入っていてとても美味しいです。又このパンはとても安いので小腹が空いた時には最適です。

フランスリヨンの魅力3

次は、リヨンで買えるお勧めお土産品を紹介します!次回もお楽しみに!

<その他のココチのおすすめ記事>
1年の最大行事!?カンボジアのオクトーバーフェスはとにかく盛り上がる!
80年ぶりの大地震。ネパール・カトマンズ、地震後の建築事情。
カンボジアに初のスタバ路面店がオープン!ゆったりとした快適な時間がここにはある
カンボジアビジネスパートナーズでパソナ様とココチでカンボジアとネパールを発信
台湾・埔里(Puri)でE難度のお寺プロジェクトプレゼンテーションに挑戦
台湾に来たなら観光地から離れて本当の台湾を。桃園と中壢の日式食文化

コメントを残す

CAPTCHA