日本とカンボジアに拠点を持つ弊社でしか出来ない打ち合わせ | 空間創造事務所ココチ


カンボジア工場のデザイン・建設プロジェクトマネジメント|有限会社空間創造事務所ココチ

この地で工場生産しているカー用品の一部をカンボジア・プノンペン経済特区(PPSEZ)で生産するという企業からのご依頼で、毎月打合せで通っています。

仙台駅から新幹線のひとつ南の駅「白石蔵王駅」で下車するのですが、天気の良い時には蔵王連峰を眺めることができ、私の気持ちをリフレッシュさせてくれます。

この会社がつくる製品は、国産車にほぼ採用されているカーパーツで、高い生産技術を誇ります。
世に出る前の商品も見ることができるので、カーマニアにはたまらないのだと思います。

私たちに依頼してくださったのは、「世界品質の製品をつくる企業として、世界を代表するような工場を造りたい。」という強いこだわりをお持ちで、弊社の建築物や工場で働くスタッフさんに対してのデザインを通じての想いや考え方で、カンボジア工場にうまく表現してくれると期待してくれてのことです。

このように、日本にいながらカンボジアで施設を整備したいという日系企業様は多く、日本とカンボジアでクライアントのフォローができ、カンボジアに拠点を持つことから、現地の建設事情を把握できている私たちの強味が生きているのだと思います。

打合せは、ほぼ終日みっちり行い、デザインなどのこだわりを全力投球お互いぶつけ合います。

工場なのにデザインするところがあるのか?と思われるかも知れませんが、目標とするのはフェラーリのイタリア・マラネッロ本社工場で、ここには工場内に大きな森があり、とても工場とは思えないような心地良い空間です。

ちなみにこの工場は、世界的な建築家レンゾ・ピアノ氏の設計だそうです。日本では、関西国際空港の設計などで有名ですね。

また、郷土愛の強い企業らしく、白石のデザインソースをカンボジア工場に取り入れる予定です。
白石のまちを散策し、めん処白石の温麺(うーめん)など、地元の美味しいものをたくさん食し、白石という地を理解した上で、プノンペンの工場から遠く白石の素晴らしさが感じ取れるようになることでしょう。

これから実施設計を経て着工、来年の夏頃には竣工予定です。

引き続き、進捗、白石市の状況を報告します。

< 海外での建築デザイン活動 >
カンボジアにある楽園コーロン島は地元の人も来ない波の音とエメラルドグリーンの癒しスポット
日本人には穴場のカンボジアリゾート。シアヌークビルで絶景の夕日を見ながら仕事の振り返り
ウガンダ・カンパラでの建築・インテリア・都市計画プランニング事業
シンガポールのWATANABE COFFEEのインテリアデザイン等をしました

COCOCHI DESIGNS GROUP(有限会社空間創造事務所ココチ/CocochiCam Designs (Cambodia) Co.,Ltd) CEO河内利成

コメントを残す

CAPTCHA