ウガンダ・カンパラでの建築・インテリア・都市計画プランニング事業 | 空間創造事務所ココチ


ウガンダでの夜の懇親会|空間創造事務所ココチ

ちょうどアフリカ開発会議(TICAD)がケニア・ナイロビで開催されています。日本主導のこの会議、アフリカ開催ははじめてだそうです。
日本からも知人の会社が数社参加していて、最後のフロンティアと言われるアフリカがようやく日本でも脚光を浴びるようになりました。

8月24日の新聞では、私のアフリカのフィールドであるウガンダで日本料理店を立ち上げる日本人に対して、丸亀製麺のトリドール社が出資する記事が掲載されていました。

私の周辺でも、ケニア、ルワンダ、タンザニア、エチオピアなどで会社を作って事業をはじめるという声が聞こえてくるようになっています。
ちなみに、ルワンダは神戸市と提携しているので、関西に戻るとルワンダ進出検討の声をよく耳にします。

ウガンダ・カンパラでの建築・インテリア・都市計画プランニング事業|空間創造事務所ココチ

私は昨春、ウガンダで地元のウガンダ人などと共同で会社を立ち上げました。日本人を含む6人の所帯で、うち3人は私も含めた建築・インテリアのデザイナーです。ウガンダ人の2人のデザイナーは大統領と直接会ってやりとりするほどスーパーな男たちです。

JICAの海外青年海外協力隊でウガンダ任務していた日本人パートナーが任期を終え、ウガンダへの恩返しをビジネスを通じて行いたいと声をかけてくれたのが会社立ち上げのきっかけでした。

アフリカはアフリカなりの建築・デザイン事情があり、アジアとは全く異なるノウハウが必要になるので、現地の事情を知る専門家とジョイントする必要がありました。

アフリカはアジアと違って、本当に独特な文化を有していると思います。

日本でも、海外でも、会社を立ち上げたり、何かをはじめることは実はそんなに難しいことではなく、自分たちの信念を持って継続させていくことの方がとても難しく、その為には、いかに現地の素晴らしいパートナーとジョイントし、コミュニケーションをとり続けていくかがポイントだと、カンボジアの経験からも感じているのです。

アフリカ、ウガンダもこれから注目されるでしょうが、世界は日本だけの市場ではなく、中国、韓国、インド、欧米など、他の国は日本よりも先に現地に既に進出して走り続けている。

私たちもデザインを通じて、アフリカと日本、共に進んでいくモデルを構築して追いかけていきたいと思います。

< 海外での建築デザイン活動 >
カンボジアにある楽園コーロン島は地元の人も来ない波の音とエメラルドグリーンの癒しスポット
日本人には穴場のカンボジアリゾート。シアヌークビルで絶景の夕日を見ながら仕事の振り返り
ウガンダ・カンパラでの建築・インテリア・都市計画プランニング事業
シンガポールのWATANABE COFFEEのインテリアデザイン等をしました

COCOCHI DESIGNS GROUP(有限会社空間創造事務所ココチ/CocochiCam Designs (Cambodia) Co.,Ltd) CEO河内利成

コメントを残す

CAPTCHA