店舗事例


top-asia-titile2

KEN CLINIC(カンボジア・プノンペン2015)

WATANABE COFFEE@ISETAN SCOTTS (シンガポール/2015)

大勢の人が賑わうオーチャード通りに面する商業施設の路面店。昼はCAFE、夜はBARとして、ラグジュアリーな時間を提供します。

 COCOCHIWORK    ショップデザイン / ブランディング


KEN CLINIC(カンボジア・プノンペン2015)

カンボジア初の日本人医師によるクリニックの移転プロジェクト。高級住宅地のプノンペン・バンケンコンにあるヴィラをクリニックへリノベーションし、待合ロビー壁面のR形状の和紙照明が柔らかい時間を演出しています。


CAR SHOP(カンボジア・プノンペン/2014)

カンボジア初の本格ショッピングモール・イオンモールプノンペンのカー用品と洗車のお店。高級車が多く走るプノンペンで、ハイクオリティーなサービスを提供し、ユーザーから高い支持を得ています。

 COCOCHIWORK    ショップデザイン / ブランディング


CURRY SHOP(カンボジア・プノンペン/2014)

イオンモールプノンペンのフードコート内にあるカレーショップ。「旅する日本カレー」をコンセプトに、世界各地でローカライズする日本式カレー。

 COCOCHIWORK    ショップデザイン / ブランディング


プノンペンタワー内オフィスデザイン(カンボジア・プノンペン/2014)

プノンペンのシンボルであるプノンペンタワーに入居する日系アパレル企業のオフィスデザイン。

 COCOCHIWORK    ショップデザイン / ブランディング


鉄板焼きレストラン(カンボジア・シェムリアップ/2015)

世界遺産アンコールワットを訪れる外国人観光客をメインターゲットにした高級鉄板焼きレストラン。

 COCOCHIWORK    ショップデザイン / ブランディング


海鮮レストラン(中国・張家港/2011)

上海から内陸へ4時間位のところに位置する、造船と別荘地で有名な張家港(ちょうかこう)に新しくできた、ショッピングセンターの一角にある大規模海鮮レストラン。
4層あるレストランの1階はエントランスなど、2階は個別のテーブルが並ぶ一般席、3階は個室、4階はVIP用の特別個室で構成されています。
外壁ダブルスキンの内から漏れる光の風景が楽しめるようなファサードデザインになっています。
レストランでは、味だけでなく目にも鮮やかな創作中華によって、お客様を楽しませています。
(ファサードデザインのグラフィックデザインは、デザイン会社U-thとのコラボレーション)

jp-titile

窓と水まわりと椅子の店(兵庫県伊丹市/2012)

「窓辺の風景」をコンセプトにしたリフォーム会社の提案型ショールームで、窓辺で楽しむシーンを連想するようなデザインをファサードに組み込んでいます。
窓から眺める木々の風景、窓辺から外を眺めて大好きな人のことを想う気持ち、窓辺でお茶を飲みながら読書をするゆとりの時間などを、大好きな椅子に座りながら楽しむ。
そんな人がいる「情景」をコンセプトにしてデザインしています。

CAFE&LIFESTYLE SHOP「Bano bano(バノバノ)」(大阪府和泉市/2012年)

和泉の風景や食材など、和泉愛にこだわったCAFÉ、さらに別空間としてBATH空間のショールームを併設したLIFESTYLE SHOPが誕生。
倉庫を改造したCAFE空間には、銭湯の大空間をモチーフにした「和泉富士」がシンボルとして施されています。
店名の「Bano bano(バノバノ)」には、スペイン語でお風呂を意味する「Bano(バニョ)」と、地域の人たちの集いの「場(Ba)」になってほしいというメッセージが込められています。

その他:平野区内科医院(大阪市・基本設計) 他