世界と日本で活動を重ねる空間創造デザイン


有限会社空間創造事務所ココチは、日本、カンボジアに法人を持ち、マレーシアにもオフィスを持つグローバル企業です。ますます日本とアジアの境界線がなくなっているいま、日本でビジネス展開を行いつつ、アジアでも展開を進めたいグローバル企業を支援します。それにより、貴社のアジアと日本の両輪でのスムーズなビジネス展開を可能にさせます。 

 

top-asia-titile2

KEN CLINIC(カンボジア・プノンペン2015)

WATANABE COFFEE@ISETAN SCOTTS (シンガポール/2015)

大勢の人が賑わうオーチャード通りに面する商業施設の路面店。昼はCAFE、夜はBARとして、ラグジュアリーな時間を提供します。

 COCOCHIWORK    ショップデザイン / ブランディング

 


KEN CLINIC(カンボジア・プノンペン2015)

カンボジア初の日本人医師によるクリニックの移転プロジェクト。高級住宅地のプノンペン・バンケンコンにあるヴィラをクリニックへリノベーションし、待合ロビー壁面のR形状の和紙照明が柔らかい時間を演出しています。

 


CAR SHOP(カンボジア・プノンペン/2014)

カンボジア初の本格ショッピングモール・イオンモールプノンペンのカー用品と洗車のお店。高級車が多く走るプノンペンで、ハイクオリティーなサービスを提供し、ユーザーから高い支持を得ています。

 COCOCHIWORK    ショップデザイン / ブランディング

 


asia-desinandproduce-titile

グリーンファクトリープロジェクト(カンボジア・プノンペン/2017)

グリーンファクトリープロジェクト(カンボジア・プノンペン/2017)

プノンペン経済特区(PPSEZ)内の日系企業の工場。無機質になりがちな工場内に潤いをもたらすため、グリーンやベンチをふんだんに配し、ワーカーさんが働く環境を良くする世界品質の工場デザイン。ロビーデザインもホテルのようなラグジュアリー観を演出しています。

 COCOCHIWORK  建築デザイン・プロデュース


健康診断センタープロジェクト(カンボジア・プノンペン/2016)

健康診断センタープロジェクト(カンボジア・プノンペン/2016)

プノンペンの新しいランドマークであるバタナックタワー前の健康科学大学内に新設される健康診断センター。既存建物をリノベーションし、カフェスペースも併設。カンボジア国内では難しかったハイクオリティーな診断が受けられるようになり、医療施設の発想ではなく、縁側でくつろぐような時間を提供するプロジェクト。

 COCOCHIWORK  建築デザイン・プロデュース


お寺プロジェクト(台湾・埔里/2017)

お寺プロジェクト(台湾・埔里/2017)

仏教国の台湾で、日本にルーツを持つお寺のプロジェクト。台湾のヘソに位置する埔里(Puli)に増設されるお寺の大型プロジェクトで、日本の社寺様式をベースに台湾様式をミックスしたデザイン。

 COCOCHIWORK  建築デザイン・プロデュース


アパレル工場・寮プロジェクト(カンボジア・プノンペン/2014~)

アパレル工場・寮プロジェクト(カンボジア・プノンペン/2014~)

プノンペン経済特区(PPSEZ)内の日系アパレル企業の工場。多くのワーカーさんに支持されるようなデザインやコミュニティーづくりを意識した仕掛けがふんだんに盛り込まれています。

 


ショッピングモールプロジェクト(カンボジア・シェムリアップ/2014~)

世界遺産アンコールワットを訪れる外国人観光客をメインターゲットにしたショッピングモール。グランドフロアはナイトマーケット、上層階はモール、最上階はスカイレストランで構成されています。

 


オリンピックスタジアム武道場プロジェクト(カンボジア・プノンペン/2015)

オリンピックスタジアム武道場プロジェクト(カンボジア・プノンペン/2015)

日本武道(合気道・剣道等)とカンボジア伝統武術のための武道場。多くのスポーツ選手が日々鍛錬するオリンピックスタジアム内に建設されます。

 


プノンペンコンドミニアムプロジェクト(カンボジア・プノンペン/2014~)

大規模コンドミニアムの開発が数多く進むプノンペン。日本支援の救急病院や日系ホテルができる中之島エリアに建設されます。

 


修景の街 杉山手(大阪府枚方市・9戸/2003年)

背景にある里山の景色と新しいまち全体が一体化するような「修景(しゅうけい)」をコンセプトにしたまちづくり。木々の成長や外壁レンガの経年変化など、まちの成長が中長期的なスパンで楽しめる仕掛けを施しています。

下町モダンハウス

下町モダンハウス(大阪府枚方市・2戸/2002年)

下町の雰囲気が色濃く残るこの地域には古い家と乱雑なデザインの建売住宅が入り混じっており、この地域のあり方をメッセージとして発信するために、「下町」と「モダン」を融合させたデザインのコンセプト住宅。素材では、壁に木の下見板張りと塗り壁、屋根は金属葺きとして、懐かしさと新しさを連想させるデザインにしています。。